(大阪・西天満)

無茶空茶館むちゃくちゃかん (大阪・西天満)

【 DATA 】
古い民家の趣をうまく取り入れた本格的な店内の雰囲気が好き。オーナーの黄 安希さんは「中国茶で楽しむ十二か月」を書かれた方で、 本の中でモデルもされています。中国茶講習会やお茶会などが行われています。
【 所在地 】
大阪市北区西天満3-9-12
【 TEL 】
06-6445-6262 (FAX 06-6445-6262)
【 営業時間 】
12:00〜20:00
【 定休日 】
日・祝日
【 アクセス 】
地下鉄谷町線「南森町」下車、西へ徒歩約10〜15分
大阪市営バス「西天満」下車、徒歩5分
【 ウェブサイト 】
http://www.muchakucha.net/

実はこの「無茶空茶」、私の以前の勤務先からとても近いところにありました。当時は中国茶にまだ興味もない頃だったので、 お店の存在すら知らなかったのですが・・・。お店がちょっと駅から歩く距離のところにあるんです。 そして、ちょっとわかりづらいのが難点。初めて行ったときはかなり迷いました。

「無茶空茶」は、"老松通り"にひっそりとたたずむ古い民家をそのままお店にしたような建物でした。 目立った看板も特になく、「無茶空茶」と書かれているだけだったので、初めて見る方はきっと「一体、何のお店なんだろう?」 と思うことでしょう。店内は外からあまり見えなかったです。

無茶空茶館 (大阪・西天満) 店内では、茶葉や茶器の販売もあります。ズラリと並んだ茶器、珍しいタイプのものがけっこうあって、見とれてしまいました。 今日はこの中から選んだ蓋碗(ガイワン)を1つ購入しました。これで自宅でお茶する楽しみがひとつ増えました♪

お茶が入ってる茶筒は、白くてシンプルなデザインでした。この日はお茶は購入しなかったのですが、また機会があればぜひ。

無茶空茶館 (大阪・西天満) これが、私が買った蓋碗(ガイワン)。シンプルな包装なのですが、雰囲気出てます。ショップカードには、こんな文字が書かれてました。

典雅、綺麗、清新、流動
 無為自然
 中国茶「無茶空茶」

店内はあまり広くなくて、思っていたより小ぶりでした。入り口入ってすぐのところにテーブルが2つ。 そして、今回は見れなかったのですが、奥に部屋がありました。この日はお茶会か講習会のような催しがあったみたいです。 奥は薄暗い雰囲気で、かなり気になっていたのですが・・・見れなくて残念。この日は催しがあったから、奥ではお茶できなかったけれど、 多分、すいてる時とかだったら、奥でお茶もできるのだと思います。また今度、機会があったら奥に入ってみたいです。

無茶空茶館 (大阪・西天満) こんな雰囲気の席でしたよ。私たちが座ったテーブルはガラス張りの木のテーブルでした。4人掛けテーブルが2つしかなかったので、 少人数でゆっくりのんびりとお茶したい方にオススメです。

無茶空茶館 (大阪・西天満) 注文したお茶は、「六安瓜片」という名前の中国緑茶。しっかりとした味と香りのお茶で、中国でも高い評価を得ている銘茶なのだとか。 たしかに美味しかった♪
右下のお茶請けは、お茶を注文した際に一緒についてきました。写真左は、「2種類のフルーツシャーベット」です。 フルーツは、パイナップルとライチで、爽やかな組み合わせです♪

無茶空茶館 (大阪・西天満) お茶を注文の際に、小さな器に入った茶葉がズラリと並んだものを見せてくれました。実際に茶葉をさわったり、香りを確かめたりできるのがとても親切だな〜と思いました。

店員さんに美味しくお茶を淹れていただきました。自分で淹れたい人は自分で淹れれるのですが、この日は店員さんにお願いしました。

無茶空茶館 (大阪・西天満) 暑い日にウロウロと歩き回ったので、この冷たいシャーベットが本当に美味しかった!中にはライチとパイナップルがまるごとゴロッと入ってます。

無茶空茶館 (大阪・西天満) 小さな空間だけれど、とっても落ち着けるお店でした。多分、常連さんがいっぱい来るお店なんだろうな。 私もそのうちの一人になりたいと思うような素敵なお店でした。とっても穏やかな雰囲気で、和める茶館です。
ランチとかもやってるみたいなので、次回はランチを食べに来たいです!

(写真撮影日 : 2003.10.27)
(LAST UPDATE : 2004.03.04)